カェルのゴミ箱

アメブロに引っ越しましたm(_ _)m 『蛙姫工房』http://ameblo.jp/kerohime83/

【映画】おっぱいバレー

映画おっぱいバレーを見てきました。


1979年、北九州市の公立中学校。
新任教師美香子は、赴任早々男子バレー部の顧問になった。
しかし、部員は全員やる気のない弱小チーム。

思春期まっさかりで、女性の裸を見ることしか頭にない部員たちに
美香子は優勝したらおっぱいを見せる約束をしてしまう。

以来、俄然やる気を出して部活に励むようになり、
見違えるように成長を見せる男子バレー部。
美香子は、本当におっぱいを見せなければいけないのか?!


実話を元にした青春ストーリー。


感想は~
映画評論家のおじさま達が大喜びしてる理由がわかった気がする。

おバカすぎます。男子中学生。wwwww

個人的には女子生徒の反応とか表現を、もっと彼等と対照的に
くっきり描いてくれてもよかったんじゃないかなーと思ったりしたけど

全体的には予想を裏切らない出来、というのか。

10人いたかいないかだった観客席から
終始「プッ」「クスクス」という声が聞こえてきて
なんか、平和な映画でした。(笑)


とくに綾瀬はるかのキャスティングがナイス。
いやらしさの滲み出る女優さんじゃなくて
ちょっと天然ぽい清潔感が今回の先生役にぴったりでした。

男の子たちは監督いわくの
「演技よりエロトークが好きなヤツを選んだ」ってだけあって
まーどーしょーもないw

前半だけ見て帰ったら、
「絶対将来男の子なんか産まない」と決意させるほどのダメっぷり。

女子である私は、「おっぱい」の求心力がイマイチ理解できないせいもあるんですが…

チケットを買う時や、劇場で案内される時に思う。
こんなに「おっぱい」って言葉が行き交う事態も、そう無いのではないかと。

で、この「おっぱいって声に出すのってなんか恥ずかしい」って空気
これが劇中ににじみ出ないよう
撮影現場では挨拶代わりに「おっぱい」という言葉が使われたそうですが。
その作戦が成功したのか、確かに下品の手前で爽やかさすら感じる仕上がりで。(笑)
チケットを買う瞬間の恥ずかしささえ乗り切れば
デートで見ても変な空気にならない青春映画になっています。

劇中にちょいちょい挟まれる懐メロを聞きながら最後まで見てしまえば
お約束のオチまでも これはこれで、アリかなと思える微笑ましい(?)作品。

30代以上の男性がツボにはまるのかもしれません。

コメント

綾瀬はるかさん、可愛いですよね。
でも、この映画のタイトルと設定で、う~ん・・・こっちまで恥ずかしくなるんじゃないかな?と心配だったんですが、江深さんの感想をみてると大丈夫かなi-179?ちょっと気になる映画に格上げかもi-179

  • 2009/04/26(日) 01:08:55 |
  • URL |
  • ヤーヤン
  • [ 編集]

こんなに堂々と、「おっぱい」っていいのか?
と思う映画のCMですよね。私も「おっぱい」を普通に言ってた時期があったけど、あれは、赤ちゃんの主食だから意味合いが全然違いますからねー。
笑えるんだろうな、という予想は当たってそうですねー。

  • 2009/04/27(月) 00:17:14 |
  • URL |
  • ドントコイ
  • [ 編集]

>ヤーヤンさん
私が見た時も、普通に女性客の方が何人かいて笑ってましたよ*^^*
ストーリー展開なんかはベタで、オチは読めてしまうんだけど
年齢指定も無いし、意外と誰でも気軽に楽しめる作品だと思います。

チケットを買う時に
「○時からのおっぱいバレーでよろしいでしょうか?」
「おっぱいバレー、○階○番スクリーンになります」
と復唱する店員さんの顔、つい見ちゃいますけどね
スタッフさんは公開中に一生分の「おっぱい」を言い切るんじゃないだろうかとか
くだらないことを考えて。(爆)



>ドントコイさん
大人になってもおっぱいが好きな男性は
子供っぽい証拠だとか聞いたことがありますが
どうなんでしょうかね
「主食」だった時の安心感~とか言うなら
女だって好きな子がいたっていいだろうに
あまり聞かないですしね。

「何故そこまで???」という女性の疑問に対して
「だってそういうもんだし」という答えしか返ってこない映画です。(爆)

笑えますよ、(良い意味でも)ばかばかしくて。

  • 2009/04/27(月) 01:37:37 |
  • URL |
  • 江深
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad