カェルのゴミ箱

アメブロに引っ越しましたm(_ _)m 『蛙姫工房』http://ameblo.jp/kerohime83/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【試写会】釣りキチ三平

映画釣りキチ三平の試写会に行ってきました~
3月20日(金)全国ロードショー
釣りキチ三平

1973年から10年間、「週刊少年マガジン」の看板作品として人気を博した漫画
「釣りキチ三平」の実写映画版。

主人公の三平役には、『ALWAYS 三丁目の夕日』の須賀健太。
監督は、『おくりびと』の滝田洋二郎。


生まれながらの素質と、釣り名人として評判の一平じいさん(渡瀬恒彦)の指導で、
天才的な釣り名人に成長している三平は
ある日、アメリカで釣りのプロとして活躍中の鮎川魚紳(塚本高史)から
夜泣谷の巨大魚の伝説を聞かされる。

伝説の巨大魚を釣り上げることに燃える三平たちは、夜泣谷に行く決意をする…。


感想は…


三平のフルネームって三平三平(みひらさんぺい)って言うのね。

もちろん絵を見たことはあったんだけど
原作がどんな話か知りませんでした。(子供の頃すぎて記憶が無いだけかも)

そのぐらいの知識で行った試写会。

幸運なことに、滝田洋二郎監督と三平役の須賀健太くんの舞台挨拶つきでした♪

須賀くんはなんと三平の衣装で登場☆かわいい
これがまた似てる!原作のイメージそのままです。
つり上げた時の決めポーズまで見せてくれました☆

そして滝田監督は
「おくりびと、まだ上映しているところがあるのでそちらも是非…」って(笑)

舞台挨拶で他の作品の紹介なんてアリ?と思ったけど
まぁ今回ばかりは仕方ない(?)。
立ち見(通路までいっぱい)が出る満席での上映も
おくりびと効果かな~と思ったり。


内容は~。
マンガです。(ドーン)

実写化の企画は連載当初から毎年のように浮上していたそうなのですが
釣り場面が映像化困難とされ沈下。
ハリウッドが「クレイジーフィッシングボーイ」の題名でオファーしてきたものの
同じ理由で頓挫。

…「クレイジーフィッシングボーイ」って(笑)

それがこのたび、技術の進歩で
水中の魚の動きや つり上げるシーンなど
最新のVFXで映像化された、というわけなのですがー。

マンガなのですよ、やっぱり。

ロケ地秋田の美しい自然は見応えがありますが
クライマックスで いきなりマンガパワー炸裂なのには笑ってしまいました。
(前半はそれほどマンガマンガしていないので余計に)

春休みの子供向けに、「お父さんと一緒に見てね~」が狙いなのだろうから
これはこれでいいのでしょう。

原作ファンの感想を是非聞いてみたいものです。


- おまけ -

「映画を見て釣りをしたくなってくれたら嬉しい」と須賀くんが言っていましたが
私は映画を見てチョコレートを食べたくなりました。
劇中に何度か、三平のお姉さん「愛子」が買ってきたチョコが出てくるのです。

そしたら~。
帰りに、全員にお土産としてチョコをくれました(笑)
ちょこっと これが美味し! 
パスカルカフェ、覚えておくわっ。

…しかし釣りの映画見て来た感想が、「チョコが美味しかった」って。ねぇ?

テーマ:試写会 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。