カェルのゴミ箱

アメブロに引っ越しましたm(_ _)m 『蛙姫工房』http://ameblo.jp/kerohime83/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【試写会】おくりびと

映画おくりびと見てきました~
9月13日(土)公開 

楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、
故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は好条件の求人広告を見つける。
面接に向かうと社長に即採用されるが、業務内容は遺体を棺に収める仕事。
当初は戸惑っていた大悟だったが、さまざまな境遇の別れと向き合ううちに
納棺師の仕事に誇りを見いだしてゆき…。


感想は…
これは、良い作品です。

テーマがテーマなので重い話になるかと思っていたら
笑いが交えてあるシーンも多く、スッと話に入ることができました。

全編がとても綺麗に描かれているのですが
「死」を美化してぼかしてしまうわけではなく
きっちり受け止めなければいけない部分は しっかりと見せつけてくれる
そんな作品だと思いました。


劇中でも、お見送りする所で笑う人と泣く人がいるんだけど
映画を観ていても同じシーンで泣く人と、笑う人がいるんですね。

主人公が納棺師になる時に
「死体を見たことがないのに大丈夫でしょうか?」と言うのだけど
確かに、身内の遺体ですら見たことが無いという人は多いと思います。

でも、人はいつか必ず死ぬ。

それにいろいろな形で立ち会う人がいるし立ち会えない人もいる。

そして、いろいろな仕事があるのですね。


沢山の人に観て欲しい作品です。
できれば、家族とか、大切な人と一緒に。







----- 以下ネタバレあり -----



全編通して、余計な台詞が無いのも好感が持てました。
ね?感動したでしょ?泣けるでしょ?という嫌な演出でなく
役者の表情や前後の流れできっちり見せてくれるのです。

印象的な場面や台詞も多く、特に
お棺の種類を指して言われた
「人生最後の買い物は、他人が決めるのよ」
フグの白子を食べながら
「これも遺体だ。…美味いんだな、困ったことに。」

他に 火葬場の親父の台詞や石文のくだりも グッと来ました。

できればラストは もう少し先まで見せて欲しかったのだけど
2時間10分、内容をこれ以上詰めるのは難しかったのかな?

でも大袈裟に言うと、人生観が変わるかもしれない作品。
もう1度、今度は家族なんかと一緒に観てみたいなと思いました。

テーマ:おくりびと - ジャンル:映画

コメント

人は必ず死ぬ。逃れられない死を一人一人がどう受け止めるかが大事なんじゃないのかなぁと思います。

  • 2008/09/06(土) 00:56:21 |
  • URL |
  • アグリアス
  • [ 編集]

公開されたら是非見てきて下さい^^

  • 2008/09/07(日) 04:12:35 |
  • URL |
  • 江深
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。