カェルのゴミ箱

アメブロに引っ越しましたm(_ _)m 『蛙姫工房』http://ameblo.jp/kerohime83/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

。。。

揺れた瞬間は、車の中にいました。

名古屋から、豊橋のスタジオに向かう途中で
ちょうど停車していたのだけど

「?揺れてる?」

橋の上とかで停まっている時に
大きなトラックが横を通ったりすると上下に揺れたりするけど
それとはまた違う感じで

でもエンジンがかかっているのでよくわからない。

車内で某ラジオ局の放送を聞いていたのだけど
喋り手は普通に原稿を読んでいる途中。

「・・・気のせい?」

でも周りの車のドライバーさんも
おかしいと感じたらしく
窓から手を出す仕草をする人が何人か。

風で揺れてる?とか
とにかく外の気配を感じたかったのかも。


少しして、ラジオから

「先程、地震が…」


やっぱり。


でもこの時はまだ、事の重大さに気づかず
とりあえず普通に車を走らせて


落ち着いた頃、停まった店の駐車場で
携帯からmixiを見ると

愛知でも 高いビルにいた友人知人たちが
「酔うほど揺れた」と言っている。

もしかして、結構大きかった…?

まだこの時は、日本に起きていることがわからなかった。


スタジオに着くと、渡辺さんが緊急放送をするところだった。

私は とりあえず自分の番組の放送のために
準備を始めるのだけど、

いつも電話で打ち合わせたり放送に出てもらうところも
つながりにくくなっていたり
FAXが届かなかったり…


ネットの情報がどんどん更新されていく。
津波の情報も入ってくる。

いつもより、少しバタバタしながら放送を終えて

帰って、ニュースを見ると
これが本当に日本かと思うような
信じられない光景。


某局のキャスターが

「現実に、10メートルの津波が…」と言ったのが印象的。

「現実に」

そんなニュースの伝え方って。

でも、そう。

実感って難しい。

安全なところにいると
画面の向こうで映画を見ているような気すらしてしまう。


一日前は何もなかったのに

いきなり道路に遺体が200~300ってどういうこと?



今、普通に生活してるのって、大切な人達が元気なのって、すごいこと

暖かい寝床とご飯と、お風呂と電気の明かり、当たり前のものじゃない

そういうことって
普段は気付かない。


茨城・福島・長野に何人か知人がいて
心配だったけど
それぞれ1度は無事の連絡があった。

福島の知人は、私と同じようにコミュニティFMに勤めている。

地震直後は「無事です、スタジオフル回転です」とメールがあったけど
原発のニュースの後は、わからない。

その後、何かに巻き込まれたり
ケガなど体調を崩したりしていませんように。


ニュースで
自衛隊や警官・消防隊・医療関係者
報道・原発関係者

お仕事をされている皆さんをみると
本当に頭が下がる。


私には何ができるだろう。



それにしても、
おかしなチェーンメールが回ってるけど
回してる人は、半信半疑で善意半分だとしても
最初にこういう時にイタズラを仕掛ける人の気が知れない。

何が本当かウソか
情報に惑わされず、見極めることは大変だけれど
落ち着いて、できることを考えよう。


そして自分の家族も、大切な人も
動物達も、元気なことに

感謝。



ところで、東海でも広域連動地震の可能性
防災グッズがバカ売れしているとか。

極端な我が身最優先はエゴだけど
それでも、自分に余裕が無い時に人を助けることはできない。

ムリをせず
欲張らず
備えをして

少しでも被害が押さえられますように。


うまく言えないし
お約束の言葉しか出てこない自分がくやしいけれど
被災地の皆様に心からのお見舞いを申し上げます。

どうか、少しでも多くの方が助かって
落ち着いた生活を取り戻せますように。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。