カェルのゴミ箱

アメブロに引っ越しましたm(_ _)m 『蛙姫工房』http://ameblo.jp/kerohime83/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【試写会】武士の家計簿

映画武士の家計簿の試写会に行ってきました。
武士12月4日(土)全国ロードショー

《 STORY 》
古本屋で偶然見つけられた、ある古文書。
それは、武士の手で精密に綴られた家計簿だった。

鮮やかによみがえる下級武士の暮らしぶり。

幕末から明治へ、世の中の秩序も価値観も大きく変わっていく時代、
代々加賀藩の御算用者(経理係)として仕えた猪山家の跡取り息子として
猪山直之は家業のそろばんの腕を磨き、才能を買われて出世する。

しかし、当時の武家の慣習によって 出世する度に出費が増え続け、
ついには家計が窮地にあることを知った直之は
ある“家計立て直し計画”を宣言する。

それは、家財を売り払い、家族全員で質素倹約して
膨大な借金の返済に充てることだった。

体面を重んじる武士の世にあって、世間の嘲笑を浴びながらも
知恵と工夫で日々の暮らしを前向きに乗り越えようとする猪山家の人々。

見栄や世間体を捨てても直之が守りたかったもの、
そしてわが子に伝えようとした思いとは…。



武士の家計簿「金沢藩士猪山家文書」から
幕末の武士の生活を生き生きと読み解いた、
磯田道史著「武士の家計簿「加賀藩御算用者」の幕末維新」を映画化。

監督は常に時代を様々な角度から切り取り、
家族の在り方を描いてきた森田芳光。

主人公・猪山直之を幅広い役柄で次々と新たな顔を見せる演技派・堺雅人、
直之を支える献身的な賢妻・お駒を仲間由紀恵が演じる。

感想は…
以前インタビューさせていただいた森田芳光監督の作品。

そして久しぶりの、個人的HITです。
間宮兄弟、椿三十郎、わたし出すわ、も見たんですが

今回の作品が一番好きです。
オススメ。

ベタな言い方になってしまいますが
泣けて笑えて、若い世代から年輩の方まで楽しめる
良い作品だと思います。

堺雅人さんと仲間由紀恵さんの夫婦をはじめ
家族や親類、子役までも 役者が皆ステキ。

皆、イヤミのない理想的なほほえましさで(おかしな表現かな^^;)
そんな中にも笑いや厳しさがあり
現代に通じるような生活感が面白い。

大体、侍ものと言うと
刀を抜いてチャンバラ~と言うパターンがほとんどで
ちょんまげぷりんも気になるけど・w)

最近見た十三人の刺客なんて特に血みどろバッサバサで
年齢指定もっと上でもいいんじゃないかとかブルーな気分になっていたので
こういうお話は余計にほっとします(笑)


算用者がズラリと並ぶ場面や昼食の場面なんかは
時代背景が違うのに、現代のサラリーマンを見ているようで
不思議なおかしみと説得力がある。

おばばさまや嫁の父、成長の過程で父と仲違いしてしまう息子
娘や嫁に家のことを教える母。
赤ん坊が生まれた時や祝い事に集まる親戚。

きっと、あなたも身近な誰かに重ねて頬がゆるむはず。

今まで「実際の話を元にして~」系の映画で
個人的HITは少なかったのだけど
今回はイイ。

仕事って、家って、家族って
人生って、結局こういうことかもしんない、と

シンプルだけど真面目に、前向きに
楽しく考えられるような気がします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。